AIUの建設工事保険で保険の見直し

建設工事保険は、大きく分けて3つのエリアを補償することを考えて選びます。

ひとつは従業員、作業員向けの労災を補償するもの、次ぎに第三者への損害補償責任を補償するもの、最後に建設資材の損失に関しての補償をするものです。

現状、すでに建設工事保険の契約があり、1年の契約期間の修了が近い場合、一度現状の契約内容を見直しするタイミングです。

建設工事保険はおおむね1年契約になっています。

更新のタイミングでは契約内容を見直すことも必要です。

忙しい中、元請けの希望で契約した保険で、あまり内容を吟味していないということもあるでしょう。

新しい現場では、違う規模の工事を受け持ち、現行の建設工事保険では補償が十分でない場合もあるかと思います。

銀行引き落としで契約を続行していると、ついつい詳細の確認を怠ってしまいがち。

リスク回避のためのはずのコストが、いざという時には無駄になってしまったということのないように、見直しも大切です。

元請け会社から現状の建設工事保険の補償内容に関して指摘されて、初めて現行の保険では補償されないエリアがあることに気付いたという事業主もいるかもしれません。

現場での仕事の準備と並行して保険内容の見直しをするのは、少々荷が重く感じられることもあるでしょう。

AIUの建設工事保険では、専門用語では伝わりにくい内容も、丁寧に説明してくれます。

何かあった時に初めて契約内容を見直していては遅いですから、AIUの建設工事保険へ連絡をしましょう。