元請けが求めるAIUの建設工事保険

国土交通省によれば、平成29年を目安に、社会保険に未加入の下請け企業は下請け契約をするべきではないという見解になっています。

現状では、条件付きながら社会保険未加入の下請けは契約をもらえない状態がすでに始まっています。

元請け企業としては、下請け会社に関しては保険加入の指導を行うことができても、その先の孫請け、ひ孫請けといった重層形態になれば、管理が難しいというのが正直なところでしょう。

下請け企業は元請け会社に事業協力を行う協力会社であることを考えれば、協力会社である下請け企業がその先の孫請け、ひ孫請け企業に保険加入を勧奨し、元請け企業は統括する立場となって、現場で起こるリスク回避に努めることになります。

AIUの建設工事保険などを取り入れ、スピーディーな対応が求められます。

現場に出入りする作業員は再下請負通知書、作業員名簿などを作成することで、社会保障の加入の有無を確認。

未加入のケースは現場への出入りを認めないなどの対策を取るようにすべきだという見解もあります。

今後は、企業の規模にかかわらず現場への出入りを行う作業員は、すべて社会保障に加入していることが基準として定められるようになると考えれば、建設工事保険などへの需要も拡大していくでしょう。

AIUの建設工事保険では、現場の作業員のケガ、人身・物損事故、資材の損害をカバーする保険が人気になっています。

元請け会社の要望にこたえる的確な建設工事保険の必要性が高まる中、注目を集めています。