下請け指導ガイドラインにそったAIUの建設工事保険

建設業は、ひとつの現場において一社で仕事を完成させることはなく、数多くの会社が出入りをしながら作業を進めている業界の性質があります。

それぞれの業者は、元請け、下請け、孫請けのように請負契約で成り立つ世界です。

社会保険未加入の会社も多く、社会問題とされてきました。

平成27年には、国土交通省の直轄工事において、社会保険未加入の業者は条件付きで下請契約が禁止になっています。

そんな中、今まで下請金額の総額が3,000万円未満の現場や、建築一式工事の総額4500万円未満の仕事をメインで引き受けていたものの、工事の規模が大きくなり、人員も増加してきて、そろそろ建設工事保険について検討が必要になってきたという企業もあるでしょう。

慣れない保険用語に四苦八苦中という人もいるかもしれません。

国土交通省は、元請企業側が下請け企業を指導する立場であるとしているため、下請け指導ガイドラインを作成・公開しています。

元請け企業側から保険加入の確認などが行われるため、下請け企業としても対応せざるをえません。

AIUの建設工事保険は、元請け企業の要望に応えるべく、下請け企業の事業主さん向けに数多くの保険商品を用意しています。

起業して間もない会社にも加入しやすい保険です。

AIUの建設工事保険は労災、賠償責任保険、建設工事保険、組み立て保険と、元請け企業の要求に答える内容の保険商品が揃い、企業間もない会社の保険申し込みにも対応してくれます。

複雑な保険用語に迷ったら、0120のフリーダイヤルで相談に乗ってもらえます。