AIUの建設工事保険で、新事業主にも安心の補償

AIUの建設工事保険では、保険に加入する際には確定申告書や損益計算書の売上高で保険料を計算します。

独立したばかりで確定申告書や決算書がない場合は、年間予想売上高を出すことも大切です。

この場合、保険料の計算は予想の売上高に基づいて行われるので、実際の売上高が出た時点で差額を精算するという方法になります。

AIUの建設工事保険に入れないということはないので、まずは相談してみましょう。

独立したばかりで、保険のことまで考えが回らないということもあるかもしれませんが、事業主にとっては、従業員のケガ、現場で起こる物損、資材の盗難などのリスク管理を怠ると、せっかく立ち上げた事業を維持していくことが難しくなることすらあります。

不測の事態に備えることで、リスクを最小に抑え、現場の作業の進行を滞りなくおこなうことが可能になると考えれば、保険は備えあれば憂いなしの大切なツールになります。

今まで授業員として自分の保険だけを心配していれば良かったという立場から、仕事の全域にわたる責任を負う立場になったわけで、保険はその責任のひとつということになります。

AIUの建設工事保険では、保険料の目安、保険の種類、漏水、物損などをカバーする保険といった相談にも乗ってもらえるので、わからないことを確認する意味でも建設工事の保険加入センターに問い合わせをしてみることをおすすめします。

代理店への確認で、自社のケースはどのような種類の保険が必要なのか、アドバイスももらえます。